冬の黒斑山・蛇骨岳「冬の浅間山外輪山を散策♪」

スポンサーリンク

黒斑山・蛇骨岳とは?

 黒斑山(くろふやま)と蛇骨岳(じゃこつだけ)は、群馬県と長野県の県境付近にある、浅間山の第一外輪山と、そこに連なるピーク。標高は、黒斑山が2,404 m、蛇骨岳が2,366mとなっている。どちらも群馬百名山と言う、ローカルカテゴリーの一つ。また、黒斑山は関東百名山の一つでもある。

黒斑山で新型モンブランGTXを試してみた結果

「黒斑山山頂」

 2020年1月14日、新しく入手した「モンブランGTX」の調子を見るため、冬の黒斑山へと向かった。思えば、LOWAのプレダッオGTもこの山がデビューの地だったな・・・・・・と思いつつ、チェリーパークラインを行く。

 暖冬らしく、この日は道中に雪は全く無く、午前7時には高峰高原ビジターセンター前の駐車場に到着。気温は−5℃で風もなく、かなりゆるい雪山散策になりそうだ。

*どんなに雪がなかったとしても、冬季はノーマルタイヤ厳禁です!


「高峰高原ビジターセンター前 」

 散策の準備を進め、午前7時を少し回った位に駐車場を出発。高峰高原ホテル前にある、黒斑山の登山口に向かう。


「この日がデビューでしたが・・・・・・」

 黒斑山登山口には、登山届入れと浅間山の噴火警戒レベルが記された掲示板がある。この時はレベル1で、浅間山の第二外輪山である前掛山まで登山が可能となっていた。


「黒斑山登山口」

 ただ、浅間山は日本有数の活火山・・・・・・。いつ、バーンっと行くかわからない。前掛山まで登る場合には、人生のやり残しが無いようにしておきたいものだ。


「黒斑山の登山道はほぼ樹林帯」

 登山口から「槍ヶ鞘」までは、アイゼンが必要ないレベルの緩いアップダウンが続く。雪の量は二年前の12月初旬に来た時とほぼ変わらない位だった。


「このコースには一応、眺めの良い場所もある」

 駐車場からゆっくりと歩いて、1時間半ほどで「槍ヶ鞘」手前にあるシェルターに到着。ここまではモンブランGTXの調子は良く、足に馴染んで歩きやすい感じだった。


「シェルター」

 シェルターで大休止を取ってから、靴紐を締め直して12本爪アイゼンを装着。この山だと、凍っていない限りはチェーンスパイク等の軽アイゼンで問題無いのだが、折角なので靴とアイゼンの相性をテストしてみたかったのだ。


「槍ヶ鞘」

 槍ヶ鞘を過ぎ、「トーミの頭」までの斜面を登る。今回の山行で最大の傾斜ではあるが、それほど急ではない。しかし、その斜面で踵に激痛が・・・・・・。

 アイゼンのヒールレバーを外れない範囲で何度か調節してみたが改善されない。どうやら、足首を曲げるとヒールカップのどこかに踵がぶつかり、痛みが出ているらしかった。

 普通のダックウォークでは痛みが激しいため、仕方なく足首を深く曲げなくても良い、ダイアゴナルで「トーミの頭」までの斜面を登った。


「トーミの頭」

 今回、買ったモンブランGTXは、平地や下りでは全く痛みは無く、それはそれは完璧なフィット感であった。しかし、急な登りで踵が痛い*のは大問題。後で対策を考えねば・・・・・・と思いつつ、黒斑山に向かって歩いた。

*これは、まだ新しく靴が馴染んでいないのが原因だった他に、フィッツヘビーラグドブーツ着用するには、靴が少し小さかったようです。今は少し薄手のソックスに替えました。


「薄いが富士山も見えた」

 山頂には9時44分に到着。お腹が減ったので、山頂でカップラーメンを食べながら休憩した後、蛇骨岳方面へと向かう。なお、このルートは浅間山側が切れ落ちているが、特に難しいところは無い。


「蛇骨岳道標」

 黒斑山山頂から25分位で蛇骨岳に到着。蛇骨岳からは、四阿山やそこに連なる山々が見えていた。この辺りは樹林帯が無くなるためか、風が強く少し寒い。


「展望は良い」

 特にすることも無いので、景色を眺めた後は黒斑山まで戻り、少し休んでから中道ルートから駐車場に戻る。途中、斜面を行ったり来たりしながら靴の様子を見た限りでは、靴が馴染めば痛みは無くなりそうな感じだった。


「中道ルート」

 退屈な樹林帯をのんびり歩き、お昼過ぎに駐車場に到着。8.2㎞・5時間22分13秒(道具を片づけた後、高峰高原ホテルの駐車場まで車で移動してからロガーを停止)の散策だった。

冬の黒斑山・蛇骨岳を散策した感想

 新しく買ったモンブランGTXのテストに行ってきたのですが、踵が痛くて参りました。これは、後に慣らし不足の他に、フィッツヘビーラグドブーツを着用するには、靴がごく僅かに小さかったことが原因だったようです。ほんの少し薄手のソックスにすることで、快適に履けるようになりました。

 黒斑山・蛇骨岳は雪山初心者用ルートとして有名ですね。ルート上にはキチンとリボンが付いてますし、樹林帯で風が避けられるので、悪天候時に行かない限りは安全に楽しめます。一応、雪山なので寒さ対策や滑落には注意が必要ですが、難易度はかなり低いですね。軽アイゼンがあれば、冬靴が無くても、厚めのウールソックスが履ける靴なら問題無いですよ。

もう行った(行ってみたい)……と言う人は↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

今回のコース

車坂峠 標高1,972m(ビジターセンターは冬季閉鎖・駐車場)
↓ 100分
トーミの頭 標高2,325m
↓ 20分(
黒斑山 標高2,404m
↓ 30分
蛇骨岳道標  標高2,345m
↓ 30分
黒斑山 標高2,404m
↓ 15分
トーミの頭 標高2,325m
↓15分
車坂峠 標高1,972m(ビジターセンターは冬季閉鎖・駐車場)

標準コースタイム 4時間15分 距離:7.0km
(ロガー測定値:5時間22分13秒・8.2km)
撮影日時:2020年1月14日

外部サイト
最寄りの日帰り温泉:高峰温泉( https://www.takamine.co.jp/ )

 駐車場「高峰高原ビジターセンター駐車場を利用」