雪山用登山靴を買う「スカルパ モンブランGTXを購入♪」

スポンサーリンク

 今までは、LOWAのプレダッツォGT(廃番)と言う、後ろにのみコバがあるライトアルパイン系の登山靴を使って雪山にも登ってましたが、底が少し減ってアイゼンとのマッチングが心配になったので、雪山専用の登山靴として「スカルパ モンブラン GTX」を買ってみました。個人的に感じたことを書いてみたので、暇な人は続きをどうぞ・・・・・・。

スカルパ モンブランGTX(2019-2020モデル)のスペック

「レイクブルーは良い色です♪」

重量:1,050g(サイズ44 片足実測)
中綿: ゴアテックス® インサレーティッド
アッパー: 3mm 防水スエード
ソール: エッセンシャルAC / ビブラム
カラー:レイクブルー
商品コード:SC23216001370

冬期山岳全般に対応する中綿入りシングルレザープーツ。アッパーにはワンピースレザーを使用。快適性重視のゆったりとしたラストとフレキシブルな足首のデザインにより、リラックスした履き心地と、靴との一体感のある歩行性能を同時に実現しています。

ロストアロー: https://www.lostarrow.co.jp/


「ソールはエッセンシャルACと言う新型です」

 雪山用の登山靴としては有名なスカルパのモンブランですが、2019年の秋にモデルチェンジして新型になりました。私が買ったのはノーマルのモンブランGTXですが、よりフィット感が高く、軽量な「モンブランプロ GTX」もモデルチェンジしています。

 私がノーマルを買ったのは、価格が少し安いと言うのもありますが、「モンブランプロGTX」の説明に書いてある ”PU TECH / かかと部分をワイドにカバーするランドには軽量なポリウレタンを採用 ”と言う文言が気になったのです。

 最近のポリウレタンは加水分解を気にする必要はあまり無いのかもしれませんが、もしベタついたら嫌だなと。まあ、普通の人は加水分解する頃には買い換えると思いますけど、私にとって冬靴は高い買い物・・・・・・少しでも長く使うため、不安な要素は排除したかったのです。

新型モンブランGTXのサイズ感について・・・・・・

 靴のサイズ感は個人差が凄いので参考になるかわかりませんが一応、私的サイズ感も書いておきます。

 まず、私の足のサイズですが、厚手のFITSヘビーラグドブーツを装備した状態で、足長27㎝・足囲26.7cm・足幅11cmです。

 靴のサイズJIS表( 足と靴と健康協議会様のサイトを参照)に照らし合わせると、日本の規格では3E相当と言うことになります。中厚手のソックスだと2E相当になりますので、新品のエクスペディションソックスは足のサイズがワンランク上がりますね。

*ちなみに、ソックスはメーカーによって厚い部分が違うので、靴がキツかったり、部分的に当たったりする場合には、違うソックスで合わせるとしっくりくる場合があります。


「インソールは普通です」

 スカルパのサイズ表は素足を基準にしている上に、普通のサイズと違うので少しわかりにくいのですが、私の足のサイズだとEURO44(MONDO:素足実寸28.5)がピッタリサイズでした。

 インソールを取り出してサイズを測ると、長さ28.5cm(幅10cm・先端部分の厚み5mm)なので、丁度1.5cm(指一本分程度)の空きスペースがつま先部分にできることになります。


「イタリア製です」

 それでは履いてみた感想を・・・・・・まず、新品のエクスペディションソックス(フィッツ FITS ヘビー ラグドブーツ)装着だと、全体的にタイトに感じました。 モンブランは「ターンインを抑えたワイドラストを採用」とのことですが 、特に足先の広さも感じません。

 しかも、靴紐は締めても長さが足りないほど短く、これはワンサイズ上げた方が良いかも・・・・・・と、最初は思いました。しかし、しばらく履いていると皮や保温材が馴染むのかタイト感はそれほど無くなり、ピッタリと合っているという感じになってきます。

 さらに慣れると、サイドや足先も十分に広く感じて来て、その分だけ靴紐を締め込むと、靴紐の長さも丁度良くなりました。踵のホールド*もとても良くて、やはりこのサイズが私にはベストでしたね。

*実際に山で試した結果、アイゼンを装着すると急坂の登りで踵が当たって痛みが出ました。現在、対策を考え中です。

 今回買ったサイズ(EURO44)は、普通のcm換算だと27.9cmになるそうで、靴が馴染むと足先も十分に広くて、確かにワイドラスト採用の28cmの登山靴のサイズ感です。日本人向きの足形ってやつですね。

 本来は店頭で試着してから現物を買うのがベストですが、よほど幅広の人で無い限りは、通販とかで買ってもミスしにくい冬靴じゃないかなと思いました。もちろん、保証はしませんけど・・・・・・。

アイゼンとの相性について・・・・・・

 冬靴ですので、前後にコバがあり、ワンタッチアイゼンが装着可能です。私はセミワンタッチタイプをすでに所有してますので、そちらを装着してみました。


「ノーマルバーだと、少し内側に寄ります」

 同じロストアロー扱いのブラックダイヤモンドのセラッククリップなので、ノーマルのままでガッチリ付きます。ただ、靴のサイズの関係もあるのかもしれませんが、少し内側に刃が寄り過ぎているような気が・・・・・・。


「アシンメトリカルフレックスセンターバー 装着(上)」

 まあ、そのままでも全然問題無いレベルではありますが、私は外側に足がカックンとなりやすいので、以前の靴にも使っていた「アシンメトリカルフレックスセンターバー (BD34029)」を使うことにしました。これだと、しっかりと中央に着いて安定してくれます。

 なお、アシンメトリカルフレックスセンターバーはワンタッチタイプに使うと外れやすくなるらしいので、ワンタッチの人はノーマルの方が良いですよ。

itachiの戯れ言

 雪山は天候の良い日限定なので、ライトアルパインシューズでも足が冷たいとかは特になかったんですが、底が少しすり減ってきたタイミングで冬靴を買っちゃいました。

 冬靴はガチガチという印象でしたが、モンブランは足首が柔らかく、歩きやすい良い靴ですね。正直、私にはオーバースペックかもしれませんが、定価6万とかなり高いので大切に長く履きたいです。

似たようなのを使っている……と言う人は↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ