冬の入笠山「雪山入門に最適!ロープウェイでお手軽に冬山散策♪」

スポンサーリンク

入笠山とは?

 入笠山(にゅうかさやま、にゅうがさやま)は、長野県の中西部にある標高1,955 mの山。 日本三百名山、信州百名山、花の百名山の一つ。赤石山脈( 南アルプス)の北端にある展望の良い山で、ロープウェイを使えば冬でも手軽に登れます。スノーシューハイキングも盛んですね。

 難易度的には、雪山登山入門者向けとなります。凍傷・低体温症のリスクが少しありますのでご注意下さい。積雪期の入笠山で登山をする場合には、その日の天候や気温に合わせた適切な防寒装備(街用のもので構いませんが、防風性の高いものがオススメです)と、一般的な登山装備が必要です。

*悪天候での雪山登山は大変危険です。散策レベルとは言っても、一応、標高2,000m近い冬山ですので、決して油断しないようにして下さい。雪山散策に適したシーズンは、1月上旬~3月上旬頃までだと思われます。

・アイゼン(クランポン)チェーンスパイクなど
・ピッケル(アックス)不要
・ハードシェル推奨(適切な防寒着)
・冬山用登山靴推奨(登山靴、防寒靴)
・スノーシュー降雪後、コース外は必要

駐車場・アクセス

駐車場:富士見パノラマリゾートの駐車場を利用(2,000台)。

アクセス:富士見パノラマリゾートのホームページ右端にある「アクセス」に詳しく掲載されていますので参照して下さい。富士見パノラマリゾートのホームページには、ゴンドラ・リフト割引券(冬山登山往復1,700円 → 1,500円)があります。

*割引期間 2021/12/11(土)〜2022/4/3(日):「営業案内・料金」→「お得な情報」

富士見パノラマリゾート:https://www.fujimipanorama.com/snow/

今回のコース

ゴンドラ山頂駅 標高1,799m(トイレ・レストラン・ゴンドラ)
↓20分 ↑20分
入笠湿原 標高1,756m(トイレ)
↓55分 ↑45分
入笠山山頂 標高1,955m

標準コースタイム 2時間20分 距離:4.0km
(ロガー測定値:1時間52分・4.2km)
*雪の状態によって、時間や難易度が変わります。

冬の入笠山に登ってみた♪

「山頂は雪が飛ばされて少ないです」

 2018年2月15日、長野県諏訪郡富士見町にある入笠山を目指して車を走らせた。この日は北八ヶ岳の天狗岳に行く予定だったのだが、当日はかなり風が強い予報だったため、予定を変更したのだ。

 あまり下調べをしなかったけど、入門者向けの山なので問題無いだろう。そう思いながら、長野県道40号線を通り、白樺湖経由で入笠山に向かった。前日に雪が降ったのか、白樺湖周辺の道路には、シャーベット状の雪が沢山残っていた。


「途中の道路から入笠山を遠望」

 この日は絶対に晴れると信じていたのだけど……道中で見上げた入笠山の上空には、残念ながら雲が広がっていた。風は予報通りで、そこそこ強い。ただ、入笠山はほぼ樹林帯らしいから、特に危険は無いだろう。


「駐車場はかなり広い」

 入笠山の登山口の一つである、富士見パノラマリゾートの駐車場には、午前10時頃に到着。今回は、ここからゴンドラに乗って山頂駅に行き、入笠山山頂までのトレッキングコースを散策する予定だ。


「ここでチケットを購入してからゴンドラ乗り場へ」

 散策の準備を済ませ、チケット発券場所に向かう。ゴンドラ(登山)の料金は往復1,650円(2019年10月から、往復1,700円になりました)だが、モンベルカードを提示すると200円引きで購入することが出来る。

 ちなみに、富士見パノラマリゾート割引券で検索すると、フツーに同じ割引額で乗ることが出来るため、モンベル会員になる必要はない(笑)。


「ゴンドラ乗り場はスキー場の端にある」

 ゴンドラ乗り場は少し離れた場所にあるため、アスファルトの道を歩くか、スキー場の端っこを通って行く必要がある。なお、スキー場内を通る場合には、全山行中、ココが最も危険な場所となるだろう。

 係員にチケットを渡してゴンドラに乗りこむと、山頂駅に着くまで、10分程度の空中散歩になる。富士山や八ヶ岳などが綺麗に見え、展望はとても良いと思う。

*スキー場の端っこが凄まじく滑ります。転倒やスキーヤーとの衝突に注意!

「久々にスノーボードがしたくなった……」

 山頂駅に着くと、スキーやスノーボードの方達に交じって、トレッキングの団体さんも準備をしていた。スノーボードの方達を見ていると、久々に滑りたくなってくる。

 まあ、昔はそこそこ滑れたけど、ブランクが長すぎてもう駄目だろう。怪我をするからやめておこう……と思いつつ、チェーンスパイクを装着して歩き始めた。


「入笠山ハイキングコース入口」

 入笠湿原までは、それほど起伏の無い樹林帯歩きになる。ロープやポール、案内板がきちんと整備されているし、大雪の直後以外は踏み跡があると思う。悪天候時に行かない限り、迷うことはないだろう。

 途中にある鹿除けのゲート(冬季は開放されている)を通り、少し歩くと入笠湿原に到着する。湿原は……残念ながら、冬季は雪原になるため、見所は特に無い。

*雪山散策には、登山用地図アプリとモバイルバッテリーが必須です。iPhoneは寒さに弱すぎるため、ご利用の方は防寒対策が必要ですね。

「雪原が広がっているのみ」

 湿原を通り抜け、冬季休業中の山彦荘の前を通過。この辺りで、沢入駐車場からのルートと合流する。少し行くと、冬季でも使えるトイレもあった。


「トイレは冬季でも使えます」

 最近では珍しく、この山は犬連れでも訪れることが出来る。トイレには、ペット専用ゴミ箱も設置されていた。マナーを守って、犬と一緒に雪原散策をするのも良さそう。

*ゴンドラのペット利用料金は一頭500円です。寒さに弱い犬種には向きませんのでご注意下さい。犬の防寒装備をお忘れなく。

「犬と遊んでいる人が居ました」

 通常だと「マナスル山荘」から黒いポールに従って岩場コースを行くのが普通らしい。しかし、よく下調べしなかったため、花畑を直登して迂回コースに行ってしまった。まあ、どちらでも時間はそれほど変わらないらしいけど……。


  「首切り登山道分岐」

 ここはスノーシューハイキングで有名な場所である。降雪直後以外は、登山道が踏み固められている可能性が高い。この時も、チェーンスパイクで何の問題も無かった。踏みならされた雪道をテクテクと登り、無事に山頂へ到着。山頂駅から1時間程だった。

 山頂はそこそこ広く、道標と二等三角点、方位盤が設置されていた。晴れていれば、日本百名山のうち、22座を見ることが出来るらしいけど……。残念ながら、名だたる山々は雲に包まれていた。


「わかりやすい方位盤。すべての山頂に欲しい」

 この日の気温は0℃程度と温かかったものの、山頂は風が強くて寒い。展望も期待できないため、風が避けられるところでお昼を食べてから下山することにした。


「スカッと晴れていれば最高でしょうね」

 昼食後は、岩場コースを下ってみた。そこそこ斜度があって、チェーンスパイクだと少し滑るけど、特に危険な所は無い。サクサク下って花畑に戻った。


「ここでヒップそりをすると楽しいと思う」

 途中にヒップそりをすると楽しそうなスポットがあった……が、残念ながら持っていない。そのまま、マナスル山荘へ。しかし、この日は休みだった。


マナスル山荘天文館(左)」

 マナスル山荘の傍にも綺麗なトイレがあるし、同じ入門用の北横岳よりも、より入門者向けの山だと思う。ゆる〜い散策には良いだろう。

*天候によっては危険なことがあるかもしれません。油断は禁物です!

「スズラン自生地の斜面」

 帰りは入笠湿原からスズラン自生地を登り、電波塔を経由してゴンドラ山頂駅まで戻る。スズラン自生地の斜面は斜度が結構あって、ちょっとキツイ。もふもふの新雪だと、スノーシューが無いと厳しいかもしれないと思った。


「強風のため雪煙が舞っていた」

 斜面を登り切り、鹿除け柵の脇を通り抜けて歩き、電波塔を眺めながらゴンドラ山頂駅に戻った。4.2km・1時間52分の散策だった。


「電波塔」

 帰りのゴンドラに乗りこむと、暖かいおしぼりを貰えた(今はやっていないかもしれません)。ちょっとしたサービスだけど結構、嬉しい。ゴンドラから富士山を撮ろうと頑張ったけど、残念ながら背景と同化していて写らなかった……。


「ちょっと嬉しい」

 ここはゴンドラからの景色も良いし、のんびりとゆる〜く歩きたい時には良い所だなと思いつつ、諏訪湖の温泉に入るため移動したのだった。

関連記事

関連サイト

マナスル山荘:http://manaslu-sanso.com/manaslu/

信州入笠山の宙宿(ソラヤド)マナスル山荘天文館

富士見パノラマリゾート(山頂ライブカメラ有り):https://www.fujimipanorama.com/snow/

まとめ

 北横岳よりも、さらに雪山入門的な山ですね。降雪直後を除けば道は踏み固められていて、スノーシューが無くても散策が楽しめると思います。

 基本的に雪が少な目なので雪山入門用に最適ですが、そうは言ってもそこは雪山です。悪天候の時は非常に危険ですよ。穏やかな晴天の日を選べば、最初の一歩には良い所だと思います。