雷鳥沢キャンプ場に泊まってみた♪

スポンサーリンク

雷鳥沢キャンプ場とは?

 雷鳥沢キャンプ場とは、富山県中新川郡立山町芦峅寺雷鳥平にあるキャンプ場。立山室堂周辺では唯一のキャンプ場となっている。

 立山黒部アルペンルートで室堂駅に向かい、そこから歩いて55分掛かる秘境のキャンプ場だが、立山を一望できるシチュエーションは一度、キャンプしてみる価値がある場所だと思う。

雷鳥沢キャンプ場へ行ってみよう♪

「雷鳥沢キャンプ場から立山方面を見て」

 2018年7月18日、 凄まじく暑い日々だったので、ちょこっと黒部まで避暑に行って来た。標高2,000mを越える高所なので、地元よりは絶対に涼しいだろう。

 立山黒部アルペンルートの出発地点の一つ、長野県にある扇沢の駐車場を目指して車を走らせる。 この日はキャンプ場に泊まるだけだったので、午前10時位の到着を目指していた。

*立山黒部アルペンルートには、富山側の立山駅からアクセスする方法もあります。

 人気観光地のため、登山道にアクセスする道路にありがちな、不安な個所は一切無い。順調に車を走らせて、午前9時50分位に扇沢付近に到着。

 しかし、無料駐車場は満車……。柏原新道入口付近の駐車場も満車……。上の有料駐車場はガラ空きなんだけどなあ〜。やはり、無料駐車場に駐車するには、平日でも早めに来ないと駄目らしい。


「有料駐車場は空いてましたが……」

 仕方なく、一日1,000円の有料駐車場に車を突っ込んで、準備を整えてから乗車券売り場へと向かう。室堂までは、往復9,050円となかなかのお値段。なお、「平日割WEBきっぷ」*だと少し安くなる。

*外部サイト:立山黒部アルペンルートオフィシャルサイト( https://www.alpen-route.com/index.php


「乗車時間とか日付が入ってます」

 バスの乗車時間まで待合室のベンチに座って待つ。周りはすべて中国人(又は台湾人)らしく、完全にアウェーな気分になった。

 登山用装備を持っている人も極僅かなので、もう少し早い時間に来れば良かったなーと少し後悔をしつつ、出発時間になったので列に並ぶ。


「トロリーバスは 2018年で廃止になりました」

 やがて改札が開き、もの凄く久しぶりのトロリーバスに乗り込む。この関電トンネルのトロリーバスは2018年で廃止され、2019年からは電気バスに切り替わった。なお、立山トンネルのモノは今後も継続するそうだ。

*この記事は2018年7月に行った時のものです。


「黒部ダムの観光放水」

 15分ほどで黒部ダムに到着。バスやロープウェイ等の所要時間は、立山黒部アルペンルートのホームページ上で確認できるので、参考にすると良いと思う。

 余計な物を詰め込み過ぎて重くなったザックを背負いながら、展望台までの階段を登った。これが地味にキツイ……。頑張って展望台に立つと、久しぶりに黒部ダムの雄姿を拝むことが出来た。


「全部で3か所、湧水飲み場があります」

 展望台にある湧水飲み場で一口水を飲む。全部で三カ所あり、映画「黒部の太陽」で有名な破砕帯の美味しい湧水を飲むことができる。

 のどを潤した後は、黒部ダム上を歩いて黒部ケーブルカー乗り場へと向かう。休日なら大混雑のダム周辺も、平日なら人もまばらだ。


「ダムを歩いてケーブルカー乗り場へ」

 超良い天気なのでダムの上は暑い……。この程度の標高*では、最近の暑さには対抗できないようだなと思いつつ、頑張って先に進む。  

*黒部ダムの標高は1,470mになります。


「トンネルの中は涼しいです」

 ケーブルカー乗り場があるトンネルの中に入ると少し涼しくなる。ケーブルカーはすぐに発車するみたいだったので、私も列に並んだ。ここから先は行ったことが無いので楽しみだ。


「黒部ケーブルカー」

 時間になるとケーブルカーが発車する。思ったよりも混雑していて座ることは出来なかったが、乗車時間は5分程なので問題無い。すぐにロープウェイの駅に着く。


「ロープウェイの駅は売店が充実してます」

 テレビとかでよく見る、口上が面白い駅員さんがいたが、平日は何も言わないようだ。ロープウェイの発車までは少し時間はあったが、売店などには寄らずにそのまま並んで待った。


「途中に支柱が無いことで知られている」

 時間になるとチケットのチェックを受けてロープウェイ乗り場へ。ロープウェイに乗り込む時に、ザックを下ろす様に言われるので指示に従って乗車。

 少し揺れたが、乗り心地はそれ程悪くない。しばらくの間、快適な空の旅を楽しんで、大観峰(2,316m)に到着。階段を登って展望台に行ってみる。そこからは黒部ダムを俯瞰することが出来たが、ロープウェイからも見えていたので正直、登らなくても良かったかなと思った。


「大観峰横の通路を下りている人が居ました」

 下を見ると、大観峰横の通路を下りている人がいた。かなりヤバイルートで、落ちると助からないレベル……。よく行けるなーと感心しながら、階段を下りて立山トロリーバス乗り場へと向かう。


「立山トンネルのトロリーバス」

 この立山直下を貫くトンネルを抜ければ、ようやく立山室堂(2,450m)に着く。立山は良い所だが、そこまで行くのが大変だと思う。遠方からだと、交通費は莫大なものになるので、後悔しないように楽しもう。


「ます寿司おにぎりと蕎麦」

 室堂はメジャー観光地なので売店も食堂も充実している。私は蕎麦屋で簡単に昼食を取った。味?……まあ、それなりだったと言っておこう。


「登山届を出すように言われます」

 昼食を取った後は、翌日の立山縦走の為の登山届を提出。係りの人が居るので、登山道などの状況を細かく聞くことが出来る。山に登る予定があるなら、事前に提出しておいた方が良いだろう。


「晴天と立山」

 室堂駅から外に出ると、目の前に立山がドーン!っと聳え立っている。青い空と立山のコンビネーションは最高の絶景で、もう少し早く訪れていればよかったなと思った。


「立山玉殿の湧水」

 室堂駅の近くに「立山玉殿の湧水」と書かれた水場がある。これから向かう雷鳥平のキャンプ場にある水場の水は、要煮沸となっているので、体力に余裕があればここで汲んで行った方が良い。なお、ここの水場は夜間に止まるので、早朝に汲むことは出来ない。


「みくりが池」

 雷鳥沢キャンプ場がある、みくりが池方面を目指して歩く。道は石畳で完全に整備されているが、少し歩きにくいかもしれない。ヒールのある靴の場合には注意が必要だろう。


「みくりが池温泉は日本一高所にある温泉施設」

 みくりが池を過ぎると「日本一高所にある温泉」と言われている、「みくりが池温泉」に到着する。雷鳥沢キャンプ場からは遠いため、先に入浴しておいた。

 入浴後は再び、雷鳥沢キャンプ場へと向かう。室堂から雷鳥沢へのコースタイムは55分となっているが、重いテント泊装備を背負って歩くのは意外と大変だ。ひたすら歩き、らいちょう温泉「雷鳥荘」付近に差し掛かると、眼下に雷鳥沢キャンプ場(標高2,280m)が見えてくる。


「雷鳥沢キャンプ場全景」

 いつも通り、見えてからが遠いのだが、頑張って歩いて無事到着。管理棟に行って幕営の手続きをする。料金は1泊500円*で、トイレ・水場の使用料はここに含まれる。

*料金は1泊500円、2泊以降は何泊でも1,000円です。


「雷鳥沢キャンプ場の管理棟」

 雷鳥沢キャンプ場の設備に関して、トイレは水洗でまずまず綺麗だった。水は一応、消毒されているものの、煮沸した方が良いとのこと。室堂方面から来る場合には、「立山玉殿の湧水」で汲んできた方が良いと思う。

 受付後は、テント場に移動してテントの設営を始めた。テント場の地面は石混じりで固く、ペグは半分ほどで刺さり難くなる。無理に打ち込もうとすると、ペグのヘッドが折れる恐れがある……と言うか折れたので、石で張り綱を固定した方が良いかもしれない。私は半々で固定した。

 テントを張れば後はまったりするのみだ。8月初旬位までであれば、周辺には雪解け水が流れているため、飲み物などを冷やしておくのも良いだろう。川もすぐ近くにあるが、流れが速いことがある。子供連れの場合には、目を離さないように注意すること。


「上が雷鳥沢ヒュッテ 、下がロッジ立山連峰」

 天気が良いと、日中は暑くてテント内に入っていることは出来ないが、このキャンプ場の良い所は温泉設備を併設した山小屋がすぐ近くに有る所だ。

 「雷鳥沢ヒュッテ」と「ロッジ立山連峰」の二つの山小屋が近い。らいちょう温泉「雷鳥荘」まではちょっと遠いので、キャンプ場から行く場合には、この二つの山小屋で日帰り入浴をすることになると思う。

 どちらも700円で日帰り入浴が可能で、石鹸やシャンプーなどの使用も出来る。もちろん、私はすべての施設で日帰り入浴をした。


「アーベントロートの立山」

 温泉に入って帰って来た時には、だいぶ涼しくなってテントに入れるようになっていた。横になりながら休んでいると、夕焼けで立山が赤く染まってくる。その素晴らしい光景に、私は何枚も写真を撮ってしまった。

 やがて日が沈むと、満天の星が広がる。圧倒的な星の数に大満足しながら、私は翌日の登山に備えて寝袋に潜ったのだった……。

雷鳥沢キャンプ場の感想

 登山の利用者がほとんどですが、夏であれば、キャンプ目的で利用するのにも良さそうでしたよ。ただ、その場合には、夜間は騒がない、朝は準備する人達が煩いと言うことは考慮しておかないと駄目ですけどね。

 晴れた日は、立山の展望と星空が素晴らしい、天空のキャンプ場の一つだと思います。興味がある人は是非、行ってみて下さいませ!

駐車場「扇沢周辺の駐車場を利用」