THE NORTH FACE アルパイン デュラブル ウールを購入♪

スポンサーリンク

はじめに

 愛用中の雪山登山用ソックス「アルパイン バルキー ウール」の予備を買おうと思ったら、すでに販売終了だったので、新モデルのノースフェイス アルパインデュラブルウールを買ってみました。履いてみた感想を書いてみた(大した内容ではありません)ので、暇な人はどうぞ……。

アルパイン デュラブル ウールのスペック

Fabricウール、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン
Function厳冬期登山に対応/メリノウールによる調湿性と保温性/CORDURA糸をブレンドすることで表糸の耐久性を向上/裏糸に光電子使用/部分パイル仕様/つま先・かかと補強糸/Polygiene加工/PolygieneOdor Crunch加工
原産国日本
SizeXS、S、M、L
Colorブラック
備考サイズ:XS(21-23cm)・S(23-25cm)・M(25-27cm)・L(27-29cm)

THE NORTH FACEアスリートからのフィードバックを元に、本格的な冬期登山に向けて開発したテクニカルソックスです。調湿性と保温性に優れるメリノウールをメインに、軽量性と引き裂き強度に優れるコーデュラ繊維をブレンド。メリノウールの高い機能性を損なうことなく、耐久性を向上しています。さらに、摩耗強度が必要なつま先部とかかと部には補強糸をミックス。ブーツ内での屈曲性と耐久性の両方が求められるアキレス部には、編地の密度を高めることでフィット性と摩耗耐久性を高めています。肌側の裏糸には、体から発せられる遠赤外線の熱で効率的な保温力を発揮する光電子糸を配備。また、マルチデイの遠征時に必要なにおい対策として、銀イオンによる抗菌防臭効果でバクテリアの繁殖を抑えるポリジン・バイオスタティック加工に加え、砂と水の力で空気中のニオイを吸着分解するポリジン・オドークランチの消臭機能も付加しています。

https://www.goldwin.co.jp/tnf/

Alpine Durable Woolを履いてみた感想

「黒い方がアルパイン デュラブル ウールです」

 まず手に取って感じたのは、「冬季登山用のソックスとしては小さくないか?」でした。実際に、現在使用している「アルパイン バルキー ウール」と重ね合わせると、同じMサイズなのに大きさがかなり違います。

 ノースフェイスのソックスは内側にサイズが刺繍されているので、間違っていないか確かめてみましたが問題無し。実際にソックスを履いてみると、締め付け感は同じで問題ありません。サイズは確かにMのようです。

 ただ、厚みが薄くなったような気がしたため、冬靴(モンブランGTX)に足を入れてみると、やはり「アルパイン デュラブル ウール」の方が靴が大きく感じます。「アルパイン バルキー ウール」の時はベストフィットって言う感じだったのが、「アルパイン デュラブル ウール」を履いたときは、足先に余裕がある感じになりました。

 メーカーが本格的な冬期登山用と言っているため、耐寒性は間違いないと思いますけど、厚みを変えられると靴のフィット感が変わって困りますね。バルキーウールですら、フィッツのヘビータイプよりもかなり薄手だったので、他メーカーの冬季用ソックスから履き替えると、人によっては靴がガバガバになるかも……。

 ゲイター付きの冬季用登山靴は足幅狭めのものが多いので、そう言った靴に対応したソックスなのかもしれませんね。

まとめ

 冬期登山用としては、かなり薄手の商品ですが、保温性は良いようです。足幅が広めな人にとっては、冬靴選びの幅が広がるかもしれませんね。

似たようなのを履いている……と言う人は↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ