春の中禅寺湖を散策して中禅寺金谷ホテルで日帰り入浴をしてきた♪

スポンサーリンク

 2021年4月7日、栃木県にある中禅寺湖へ、釣りと呼ばれる散策に行ってきました。例年ですと、朝は氷点下の冷え込みですが、今年は暖かいですね。ロッドが凍り付くことはありませんでした。


「ロケーションは最高です」

 なお、阿世潟から先の歩道は、4月26日まで冬季通行止めになってます。以前は冬季でも閉鎖されていなかったのですが、阿世潟から先は細い山道になるので、凍っていると湖に滑落する危険があるからかもしれませんね。


「近いうちに一周してきます」

 釣りと呼ばれる散策の後は、日光中禅寺温泉 中禅寺金谷ホテルで日帰り入浴をしました。レイクサイドホテルがあったころは、そちらに入っていたのですが、リッツ・カールトンになってから日帰り入浴は出来ないみたいですね。


「中禅寺金谷ホテル玄関」

 中禅寺金谷ホテルの受付でクーポンを表示したスマホを見せると、1,300円の入浴料が1,000円になるので利用します。フェイスタオルとバスタオルが貸し出されるので受け取り、施設に関する説明を受けてから長い廊下を歩いて行くと屋外通路に出ました。

*「中禅寺金谷ホテル クーポン」で検索してみて下さい。

「駐車場と繋がってます」

 駐車場から入り放題になっているからか、温泉入り口のドアに暗証番号を入力して鍵を解除する仕組みになっています。受付で渡されたレシートに記載されている番号を入力して温泉へ。

*浴室内に貴重品入れはありません。ホテルなのでアメニティー類は揃ってます。
*コロナウイルス拡散防止のため、入浴に関する人数制限等があります。事前にホームページ等で確認してからお出かけ下さい。
中禅寺金谷ホテル:https://www.kanayahotel.co.jp/ckh/

「良い温泉施設です」

 日帰りで利用できる「空ぶろ」には、内風呂と露天風呂が一つずつあり、この時は内湯が白濁、露天が透明でした。満たされる温泉は、奥日光湯本温泉から12kmもの距離を引き湯されてきた、含硫黄ーカルシウム・ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩温泉です。この源泉には何度も入ってますが、相変わらず素晴らしい温泉ですね。

「二荒山神社中宮祠」

 入浴の後は二荒山神社中宮祠へ。参拝をしてみましたが、賽銭15円では少なすぎたようで御利益はありませんでした。釣果を願うなら……最低500円は入れましょう。


「登拝門」

 男体山登山口である登拝門は冬季閉山中(開山は4月25日から11月11日まで)。また男体山に登ってみようかなと思いながら、釣りと呼ばれる散策に再び出かけたのでした。


「日光白根山方面」

 夕方、沈む夕日を眺めてから、釣りと呼ばれる散策で疲れ切った私は中禅寺湖を後にしました。今度は本当の散策をしに行きます。

itachiの戯れ言

 釣りと呼ばれる散策は残念なことになりましたが、久しぶりに温泉に入れて良かったです。コロナウイルスによる不要不急な外出の自粛要請は今後もありそうですね。何の心配も無く出かけられる日が早く来て欲しいです。

もう行った(行ってみたい)……と言う人は↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ