3月の雲取山「三峯神社から早春の東京都最高峰を日帰りで♪」

スポンサーリンク

雲取山とは?

 雲取山(くもとりやま)は、東京都・埼玉県・山梨県の県境付近にある、標高2,017mの山。日本百名山、関東百名山、山梨百名山の一つ。東京都最高峰の山として知られ、とても人気がある……らしい。

残雪期の雲取山に登ってみた♪

・今回も動画を撮ってきました。良かったら見て下さいませ(音注意)。youtubeの字幕機能でテロップを製作しているので、表示されなかった場合には字幕をONにして見て下さい

 2021年3月中旬、体力トレーニングに雲取山を登ってみようと思いつき、登山口の一つがある三峯神社を目指した。以前に訪れた時には、ゆっくり登ってもコースタイム以内で収まったし、日が暮れる前には帰って来られるだろうと思いつつ……。

「駐車場から雲取山(左側のピーク)を望む」

 道中、ナビに変なコースを案内され、何故か両神山に誘導されてしまった。少し時間が遅れ、午前6時過ぎに駐車場に到着。散策の準備を調えて、午前6時28分に歩き始めた。

*夜間でも駐車可能です。帰りに駐車場の受付で料金(普通車510円、バイク200円)を支払って下さい。

「山と言えばこのお方」

 まずは、散策の安全を祈願するために三峯神社へ。休日は常に混雑している人気の神社も、このご時世、平日の早朝ともなると人はほとんど居なかった。

「両側にご神木があります」

 参拝を済ませ、登山口に向かって歩いて行く。三峯神社を参拝すると距離が意外と伸びるようだ。参拝は帰りにしておけば良かったのかもしれない。


「鳥居を潜って出かけます」

 コンクリートで舗装された道を歩いて行くと、三峯神社から15分位で登山口の鳥居に到着した。ここには登山届提出場所がある。電子申請していない場合には提出しておこう。

「積雪期はアイゼンが必要です」

 この付近には、色々と警告が貼ってあった。このルートは2度目なので、軽く目を通しただけで通過。危険な場所があったような記憶が無かったのだ。


「妙法ヶ岳分岐」

 テクテクと歩いて行くも、ほとんど寝てないので結構、辛い。まあ、距離が長いだけだから……と思いつつ進んでいくと、妙法ヶ岳(奥宮)との分岐に到着。先が長いので、今回も妙法ヶ岳は見送った。


「500mごとに道標があります」

 このコースには、500mごとに道標が設置されていて、現在位置がわかりやすい。ただ、行きは元気なので気にならないけど、帰りはこの数字が絶望に変わるのだ。

*道は明瞭ですが、スマホの登山地図アプリとモバイルバッテリーは装備しておきましょう。

「炭焼平にある炭窯跡」

 そんなことを思いながら歩いていると、炭焼平に辿り着いた。ここには、かつて白炭を焼いた炭窯の跡が今も残っている。


「霧藻ヶ峰」

 単調な樹林帯の道をのんびり歩いて行くと、駐車場から1時間45分で霧藻ヶ峰に到着。ここまではかなり楽なのだ。この周辺には休憩所の他に、秩父宮両殿下御尊影レリーフもある。

 地蔵峠から霧藻ヶ峰には展望が望める場所もあり、ボットンタイプではあるがトイレ(トイレットペーパーは無い)もあるので、ココを目的地とする散策も良いと思う。


「お清平」

 霧藻ヶ峰から一旦、登山道を下り、お清平から前白岩の肩、前白岩(標高1,776m)を目指して登り返す。ここが急登で結構、疲れる。鎖場が一カ所あるものの、手摺り代わりに張ってある程度だ。

*雪が多い場合には危ないかもしれません。油断しないようにしましょう。

「前白岩山」

 標高1,650mを超えた辺りから雪が出てきた。しかし、数メートル進むと無雪になったりするので、チェーンスパイクを着けるのが面倒臭い。テカテカに凍っている部分を避け、滑らない部分を選んで慎重に登っていたものの、白岩小屋跡から積雪量が多くなったのでチェーンスパイクを装着した。

*4月中旬位までは、軽アイゼンやチェーンスパイクを持って行った方が良いと思います。

「白岩山」

 その後も凍結と無雪箇所が交互に続き、そのたびにチェーンスパイクを着けたり外したりしながら登っていると、駐車場から4時間20分で白岩山に到着。ペースが遅すぎたため、雲取山を日帰りするのは時間的に厳しいかもしれない。少し迷ったけど、取り敢えず雲取山荘までは行ってみることにした。

「巻き道が凍っていると危険です」

 白岩山から下り、芋ノ木ドッケからの巻き道を行く。この道は急傾斜につけられたトラバース道で、滑落すると大怪我以上になる可能性が高い。この日は凍っていて、かなり怖い状態であった。滑落死亡事故が起きたこともあるらしいので慎重に歩みを進める。

*この巻き道は一部、登山道が細くなっていて、凍結していると危険な場所があります。また、ここで鹿が落石(頭位の石)を落としてきました。鹿本体が落ちてくる可能性もあるので要注意です(笑)。あと、熊の足跡っぽいのもありました。

「東京都に入りました」

 無事に危険箇所を抜け、東京都の道標が出てくればあと少し。大ダワの男坂・女坂分岐は、男坂の方が展望が望める。今回は疲れていたので、斜度が緩い女坂方面にすすんだ。


「雲取山荘」

 女坂の緩斜面をのんびりと歩いて行くと、やがて雲取山荘に辿り着いた。この時点で12時を回っており、雲取山の山頂まで登ると、駐車場に戻るまでに日が暮れる恐れがあった。ただ、疲労感はそこまで無く、安全圏の霧藻ヶ峰までは明るい時間に戻れるのは確実。頑張って山頂を目指すことにした。


「雪と氷の道」

 山頂までは所々、凍っていたのでチェーンスパイクを使う。場所を選べば普通に登れるため、アイゼンを着けない人も居たけど、凍っている時は着けた方が楽だと思う。


「鴨沢ルートは雪がほとんど無いようだった」

 山頂標識付近にザックを置いて撮影している人が居たので、スルーして山梨百名山の山頂標識まで行く。春霞で富士山が凄く薄く、写真に残せなかったのが残念だ。


「ヘッドライトを使わずに戻れた」

 山頂の三角点を触って、速やかに元来た道を戻る。三峯神社ルートは登り返しが多いので、帰りもそれなりに時間が掛かるのだ。雪は溶けて無くなっている場所も多かったが、芋ノ木ドッケ~大ダワの区間だけは慎重に進み、日が完全に落ちる前に三峰ビジターセンターに到着。21.3km・11時間43分の遭難者予備軍リスト入りしそうな危うい散策だった……。

残雪期の雲取山に登ってみた感想

 全体的には整備が行き届いているのですが、芋ノ木ドッケ~大ダワ間は、凍結しているとかなり危ないと思いました。滑落すれば大怪我以上の可能性がある斜面です。

 トレランの人はノーアイゼンで通ってましたが、運動神経の良い人限定ですね。このコースを安全に日帰りするなら、日が長く、コンディションの良い5月がオススメです。

 今回は想定を遙かに超える時間が掛かってしまいましたが、ゆっくり歩いていたからか、体力自体は思ったよりも消費しませんでした。しかし、足がかなり痛くなっちゃたので、少し筋力トレーニングをしようと思います。

もう行った(行ってみたい)……と言う人は↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ

今回のコース

三峯神社駐車場(トイレあり)標高1,066m
↓ 25分 ↑ 20分
妙法ヶ岳分岐 標高1,155m
↓ 30分 ↑ 20分
炭焼平付近 標高1,308m
↓ 40分 ↑ 30分
地蔵峠(近くの霧藻ヶ峰にトイレあり)標高1,481m
↓ 20分 ↑ 30分
お清平(お経平)標高1,456m
↓ 80分 ↑ 60分
白岩小屋跡(簡易トイレあり)標高1,763m

↓ 70分 ↑ 70分
大ダワ
 標高1,702m
 30分 ↑ 20分
雲取山荘(トイレあり)標高1,841m
↓ 30分 ↑ 20分
雲取山山頂(トイレあり)標高2,017m

標準コースタイム:19km・9時間55分
(ロガー計測値:21.3km・11時間43分27秒)

撮影日:2021年3月中旬

駐車場「三峰ビジターセンター駐車場(有料)を利用」