オスプレー デイライトスリングを購入♪

スポンサーリンク

 オスプレー デイライトスリング( OSPREY DAYLITE SLING OS57179 )をゆるい散策用に買ってみました。美ヶ原や霧ヶ峰のような高原散策や、難易度の低い低山散策には十分ですね。

デイライトスリングのスペック

「カラーはアッシュ/マンバブラックです」

容量:6リットル
外寸:縦37×横21×奥13cm
重量:230g(実測:238g)
素材:メイン=ブルーサイン認証150DリサイクルドリップストップポリエステルパッククロスPFC-freeDWR、アクセント=ブルーサ
イン認証600DリサイクルドPETパッククロスPFC-freeDWR、ボトム=ブルーサイン認証600DリサイクルドPETパッククロスPFC-freeDWR
製造国:ベトナム(複数ある場合あり)
価格:¥4,730 (税込)

左右どちらにも切り替えることができるショルダーパック。スペーサーメッシュを使用し優れた通気性と快適な付け心地を実現しています。大きく開くメインコンパートメントはデュアルジッパーにより簡単にアクセス可能。整理用のスリーブとキークリップも付いています。生地は、GRS認証リサイクル・ポリエステル/PFCフリーのDWR(耐久性撥水)加工を採用

ロストアロー:https://www.lostarrow.co.jp/

デライトスリングを使ってみた感想

「ペットボトル2本程度の容量ですね」

 このタイプの商品は通常、左肩掛けが普通ですが、新型のデイライトスリングは左右どちらにも切り替えることが出来ます

*旧型のデイライトスリングは切り替えられません

「メッシュポケットと仕切りがあります」

 釣り用として、シマノとダイワの製品も所有していますが、片方だけだと肩が凝る場合があるので、切り替えられるのは有効だと思いました。肩パッドは十分な厚さがあり、痛みは出にくい仕様ですね。


「ハーネスはワンタッチで外れます」

 ただ、左右を切り替えられるようにした影響で、パック部分を前に回した時の使い勝手が少し悪くなっているようです。私は気になりませんでしたが、切り替えを行わないのであれば、他社の製品の方が使い勝手が良いかもしれません。


「お茶の道具も入ります」

 メインの荷室には、エバニュー チタン カップ400FDが縦にも横にも入るため、ポケットストーブや小型バーナーを使って、外で暖かいお茶やカップラーメンを食べるのも大丈夫ですね。

 なお、内容物の重さは1.5kg位までが快適な範囲だと思います。飲料水、行動食という名のお菓子、ウインドブレーカー等の防寒着を入れても十分な範囲ですね。ゆるい散策なら有効利用できると思いますよ。

itachiの戯れ言

 ザックでは大袈裟な散策用に購入してみましたが、買って良かったと思える製品でしたよ。ちゃんとしたメーカー品のスリングバックって結構、高いんですけど、この商品はコスパも良いですね。

 なお、カラーは半年毎に変更されるようです。好きなカラーがあったら、早く買った方が良いですよ。もともと普段使い用の製品ですので当然、街で使っても問題ありませんし、一個位は持っていても良いかもしれません。

似たようなのを持っている……と言う人は
↓↓↓

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ